知多南部消防組合から住宅用火災警報器のお知らせです

  • もどる

お知らせ

住宅用火災警報器について

毎年春季及び秋季の1週間、全国火災予防運動が実施されます。
年2回の期間中に設置されている住宅用火災警報器を点検しましょう。

火災が発生したときに、家庭内の火災発生をいち早く知らせてくれるのが
住宅用火災警報器です。
平成18年6月から新築住宅への設置が義務化され約10年が経ちます。
住宅用火災警報器が適切に機能するためには維持管理が重要です。
日頃から作動確認と手入れをしてください。電池切れに注意してください。

  • ボタンを押すタイプ
    ボタンを押すタイプ

  • ひもを引くタイプ
    ひもを引くタイプ

住宅用火災警報器を点検しましょう

※電池を使うタイプ、家庭用電源を使いコンセントへ差し込むタイプ、壁掛け、天井型、単独型、連動型、煙式、熱式などがあります。

維持管理の点検

ボタンを押すかひもを引っ張り、定期的に作動確認をしましょう。

作動確認をしても、住宅用火災警報器に反応がなければ、本体の故障か電池切れです。電池を交換しましょう。

※故障か電池切れか分からないときは、取扱説明書を確認するかメーカーにお問い合わせください。

火災警報以外の警告音が鳴った場合

住宅用火災警報器本体の故障か電池切れです。本体又は電池を交換しましょう。