心肺蘇生法の仕方です

  • もどる

お知らせ

心肺蘇生法

反応の確認

「もしもし」「わかりますか?」
倒れている方の耳元で呼びかけながら、肩を軽くたたき反応があるかないかをみます

「もしもし」「わかりますか?」倒れている方の耳元で呼びかけながら、肩を軽くたたき反応があるかないかをみます

助けを求める

反応がなかったら、大声で助けを求め、119番通報とAEDを依頼する
「誰か来て!人が倒れています!」
※1人の場合は、すぐに119番通報します

反応がなかったら、大声で助けを求めます 119番通報とAEDを頼みます

「あなたは119番通報してください。」
「あなたはAEDを持ってきてください。」

呼吸の確認

普段どおりの呼吸をしているか確認
10秒以内で胸やおなかの上がり下がりを見る

普段どおりの呼吸をしているか、10秒以内で胸やおなかの上がり下がりを見ます

胸骨圧迫 30回

胸の真ん中を1分間に100~120回のリズムで、しっかりと5cm押す

胸の真ん中を肘を伸ばし、垂直にしっかりと5cm圧迫し、戻します 1分間に100~120回のリズムで、強く、速く、絶え間なく30回続けます

強く、速く、絶え間なく 肘を真っすぐ伸ばし、垂直に圧迫し、しっかり戻す

人工呼吸 2回 ※できない場合は省略(嘔吐や血液が付着している時など)

頭部後屈あご先挙上法で気道確保
(おでこに手を置き、あごの先を持ちあげる)

おでこに手を置き、あごの先を持ちあげる 鼻をふさぎ、大きな口で胸が軽くあがるくらい1秒かけて2回吹き込みます

鼻をふさぎ、大きな口で胸が軽くあがるくらい1秒かけて吹き込んだあと、口を離します
これを2回繰り返します
※うまく入らなくても2回までにしてください

心肺蘇生法の継続

胸骨圧迫30回と人工呼吸2回を繰り返します
(交代できる人がいたら交代しましょう)

胸骨圧迫30回と人工呼吸2回を繰り返します 疲れる前に交代してください

救急隊が交代するか、目を開けたり、何らかのしぐさ、普段どおりの呼吸が戻るまで続けてください

AED

電源を入れる(ふたを開ける)

そばにAEDを置き、電源を入れた後は、AEDの音声指示に従ってください
機種により、ふたを開けるだけで電源が入るものもあります

まず、電源をいれます(ふたを開けます)

パッドを貼る ※絵のとおり、1枚ずつ確実に貼ってください

・汗、水気 → ふき取る
・ペースメーカー → 出っぱりから離す
・貼付薬 → はがしてふき取る

胸を確認して、パッドを1枚ずつしっかり貼ります

パッドを貼るあいだも心肺蘇生法は続けてください

心電図の解析 ※コネクターを差し込むタイプのものは差し込んでください

離れてください(そばにいる方は全員離れます)

心電図を解析します、離れて!

・「ショックが必要」 → 電気ショック
・「ショック不要」 → 心肺蘇生法の継続

電気ショックボタンを押す

ショックします!離れてください(もう一度、周りに呼びかけてボタンを押してください)
(交代できる人がいたら交代しましょう)

ショックします!離れて! 心肺蘇生法の継続

電気ショックのあとは、すぐに心肺蘇生法を続けます
2分後にAEDが自動で解析をするので、AEDの指示に従ってください