応急手当の仕方です

  • もどる

お知らせ

応急手当

直接圧迫止血法

直接、血液に触れないように手袋やビニール袋を使いましょう
きれいな厚みのあるタオルなどで傷口をしっかり圧迫します

直接圧迫止血法 感染防止のビニール袋

にじむときは圧迫が弱いか位置がずれているので、しっかり確かめます

異物除去法

まず物がのどに詰まったのかを確認してください
咳をしてもでない場合に次の方法を繰り返してください

背部叩打法 (はいぶこうだほう)

苦しがっている方の体を支え、肩甲骨のあいだを数回たたきます
「手の付け根」でたたいてください

背部叩打法

座っていられなくなったら、横に寝かせて続けてください

腹部突き上げ法 ※小さなお子さんや妊婦の方には使わないでください

苦しがっている方の後ろから脇に両手をいれます
片方の手でこぶしをにぎり親指側を「へそ」と「みぞおち」のあいだに置きます
反対側の手をそえてななめ手前に数回引きあげます

腹部突き上げ法(圧迫位置) 腹部突き上げ法(斜め手前に)

※練習で健康な人にしないでください
※自分より大きな人には向いていません

2つの方法を繰り返してください
苦しがっている方の反応がなくなってしまったら心肺蘇生法を始めてください

搬送法

自分で動けない人や動かしたくない人を運ぶ方法です

1人で運ぶ

運びたい人の後ろから脇へ両手を通します
運びたい人の「ひじの少し下」と「手首」を握り、腰に負担がかからないように持ち上げます

手を組む位置 1人で運ぶ

※2人いるときは、運びたい人の足を交差させて持つと負担が少なくなります

たくさんの人で運ぶ

運びたい人の背中に交互で両手を通します
人が多いほど負担が少なくなります

手を置く位置 たくさんの人で運ぶ

運びたい人の頭が不安定にならないようにしましょう
※全員の息をあわせてください